Googleドキュメント – 効率化!おすすめショートカット(Mac)

typing PC・IT
typing

Googleドキュメントやスプレッドシートでショートカットを使ってるよ!って方は多いと思います。

ただし、コピペなど基本的なものだけ使っている方が多いのではないでしょうか?

僕は昔コピペのショートカットもわからなかったようなレベルですが、少しづつ使えるショーカットを増やしていたら結構使えるようになりました!

マウス操作が間に入ると流れ・勢いが止まるようで、現在はなるべくキーボード操作で済ませようとしています。

僕が色々使ってみて「これ便利!」と思っているものを載せていくので、ショートカットがずらっと載っている表を見て、「どこから覚えていいのか分からない…」となっている方の役に立てば嬉しいです!

それでは始めましょう!

コピー&ペースト

これはほとんどの方がご存知ですね。初級中の初級です!

コピー:Command⌘ + ”C”

ペースト:Command⌘ + ”V”

言うまでもなくCopyの”C”ですね。

”V”は、”C”の横にあって使いやすいから”V”になったと言う説が有力らしいです。

下線を引く

Command⌘ + ”U”

Keyboard shortcut for having an underline below words

Underlineの”U”で覚えます。

戻したいときはもう一度、Command⌘ + ”U”です。

イタリック体にする(文字を斜めにする)

Command⌘ + ”I(アイ)”

Keyboard shortcut for making words Italic.

Italicの”I”で覚えます。

こちらも戻したいときはもう一度、Command⌘ + ”I(アイ)”です。

太文字にする

Command⌘ + ”B”

Keyboard shortcut for making letters bald

”(文字が)太い”を意味するBaldの”B”です。

こちらも戻したいときはもう一度、Command⌘ + ”B”です。

ひらがなにする

文字を入力しEnterを押してない(文字に下線が点滅している)タイミングで、

Control + ”J”

全部ひらがなにしたいのに、中々変換で出てこないときはこれで一発です!

Japaneseの”J”で覚えます。

カタカナにする

文字を入力しEnterを押してない(文字に下線が点滅している)タイミングで、

Control + ”K”

全部カタカナにしたいのに、中々変換で出てこないときはこれで一発です!

Katakanaの”K”で覚えます。

文字上に線を引く

Command⌘ + Shift + ”X”

Shortcut key for having a line on words.

こちら結構便利です。

Googleドキュメントにこの線を引くボタンがすぐに確認できるところがないので、知っておくと、さっと線を引くことができます!

選択箇所に「×」をつけるイメージで”X”です。

もうわかりますね!戻すときは、Command⌘ + Shift + ”X”です。

同じショートカットを使うだけです!

箇条書きにする(番号なし)

Command⌘ + Shift + ”8”

Keyboard shortcut for making bullets without numbers and alphabets

この箇条書きもショートカットでできます!

箇条書きにする(番号あり)

Command⌘ + Shift + ”7”

Keyboard shortcut for making bullets with numbers and alphabets

これもショートカットできます!

箇条書きは結構使うと思うので覚えていて損ないです!

文字の大きさを変える

大きくする:Command⌘ + Shift + ”>”

小さくする:Command⌘ + Shift + ”<”

このショートカットで文字の大きさを1pt(ポイント)ずつ変更できます。

マウス操作で変更できる文字の大きさは、11, 12, 14, 18, 24… のようにとびとびになっているので、細かく大きさを変えたいときも便利です!

文字の位置を変える(左・中央・右)

左:Command⌘ + Shift + ”L”

中央:Command⌘ + Shift + ”E”

右:Command⌘ + Shift + ”R”

これもいちいちマウス操作すると面倒ですが、ショートカットで一瞬で出来ます!

Left(左)の”L”、Right(右)の”R”で覚えます。

Eは何ですかね…. 気合いで覚えます。

行頭と行末にカーソル移動

行頭に移動:Control + ”A”

行末に移動:Control + ”E”

これができるとマウスを使う頻度がグッと落ちるはずです!

作業中にヘビロテします。

行全体を選択

カーソルが行末にあるとき:Command⌘ + Shift + ”◀︎(左)”

カーソルが行頭にあるとき:Command⌘ + Shift + ”▶︎(右)”

文字を選択するときに、Shift + ”◀︎ or ▶︎”を押したまましばらく待つの面倒じゃないですか?

このショートカットで一気に選択しましょう!

行中から左や右に選択することももちろん出来ます!

やり直し

Command⌘ + ”Z”

これもメジャーなショートカットですね!

やり直しのやり直しは、Command⌘ + Shift + ”Z” で出来ます!

Shiftを加えるだけです。

このShiftを”逆”という風に覚えておくといいです。

インデントを作るときはTabキーを使いますが、それを戻すときは Tab + Shift で出来ます。バックスペースでも出来ますが、例えば箇条書きにしていて、行頭の(点)を消したくない場合、Tab + Shift で点を消すことなく、インデントを無くせます。

Command⌘ + Shift + ”7”Command⌘ + Shift + ”8” で箇条書きをしているときは、Tab + Shift は大活躍です!

またフォーム入力をしているときに、一つ前の入力欄に戻るためにマウスを使うの面倒じゃないですか?

これも Tab + Shift で戻れちゃいます。

コメントをする

Command⌘ + Option + ”M”

いちいち範囲選択して、右クリックして、「コメント」を選択するの面倒ですよね。

これもショートカットでやってしまいましょう!

まとめ

この辺りが僕が毎日使うショートカットです。

一旦知識としてインプットしておいて、使っていくうちに体に染み付いていきます。

この他にも沢山あり、覚えても使わないものもあると思います。

沢山のショートカットがある中で、あなたの体に染み付いたものが、あなたが必要としているショートカットではないでしょうか?

便利なショートカットを見つけたときは感動すら覚えるものです。

皆さんもコツコツショートカットを覚えて、少しづつ効率よくしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました