フィリピン セブで現金おろすならここ!手数料節約ベストATM!

ATM-picture セブ島情報

海外生活や海外留学での心配事のひとつとして「現金をどう確保するか」がありますよね。フィリピンでは日本や他の先進国と違ってどこでもクレジットカードが使用できるわけではないので、生活に現金は必須です。

そこで、セブ島に1年半以上住んでいる僕がいつも使っているオススメATMを紹介します!

なぜオススメなの?

セブ島でATMで現金を引き出す時、一度に引き降ろせる限度額は1万〜2万ペソです。また引き出す際に手数料として、250ペソかかります。これは日本円に直すと約500円なので決して安くはないですよね。手数料としては高いです。

今回紹介するATMは一度に、4万ペソまで引き出せます。HSBM以外のATMで4万ペソを引き出すと2〜4倍(1,000〜2,000円)の手数料がかかると言うことになります。

仮に月に1回4万ペソ引き出すとすると、毎月1,000〜2,000円の節約になります。これで毎月少し贅沢できますね!!

場所は?

おすすめのATMはHSBCのATMです。場所は大きいAyalaモールのメインエントランス近くです。(2020年現在、セブにはAyalaモールが2つあります。一つはこのATM近く、もう一つはITパーク内にあります。)

※ 昨年支店移動があり、現在こちらのGoogleマップの一番上の写真とは少し違う場所にあります。赤いピンがあるところが現在の場所になりますのでご注意ください。

タクシーやバイクタクシーを使用する際は、「Rustan’s Ayala Centerまで!」と言うと、Ayalaに併設しているスーパーマーケットのエントランスまで乗せてくれるので、そのように伝えましょう。「HSBCまで!」と言ってもほとんどのドライバーがわかりません。一番分かりやすい、かつ、一番近いのが”Rustan’s Ayala Center”です。読み方は、「ルスタンス アヤラ センター」です。

Grab(Uberみたいな配車サービス)やAngkas(バイクタクシー配車サービス)を使用する際も同様に、目的地を“Rustan’s Ayala Center”にしましょう。

ちなみに”Rustan’s”だけだと、僕の経験上、ドライバーに「どのRustan’s?」と高確率で聞かれます。”Rustan’s Ayala Center”と伝えるのが安全策です。

どのカードが必要?

このHSBCのATMで現金を引き出すには、”PLUS”のマークが書いてあるカードが必要です。以下のマークですね。

ちなみに僕が使っているカードは、Sony Bank Walletです。どのカードが一番お得なのか、セブに来る前にめちゃくちゃ考えました。結論、どれが一番お得と言い切るのは難しく、手数料数百円に頭を使うのがしんどくなったので、このカードに落ち着きました😅

このカードで便利だと感じているのは、”日本国内の口座から直接引き出せる”ところですね。セブにいるときも日本に帰った時もこのカード一枚で済みます。

おまけにカードのデザインもイケてます!

まとめ

  • セブでの現金引き出しはHSBCのATMを使おう!
  • HSBCのATMに行くときは、”Rustan’s Ayala Center”と伝えよう!
  • HSBCのATMを使うときは、”PLUS”マークのあるカードを持って行こう!
  • 現金を引き出すときは、一気に4万ペソ引き出そう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました